4stオイルのグレード

4ストオイルのグレード/等級


API規格でのグレード表示


最も有名なオイルの表示規格で、多くのオイルで採用されています。
ガソリン車はSで始まり2文字目のアルファベットが進むほど新しい規格に合格していることを示します。

しかし必ずオイルに書いてあるわけではなく、API(アメリカ石油協会)の試験を受けていないハーレー専用オイルや、より厳しい基準のテストに合格していることを強くアピールするために、API規格ではあえて表示せず別規格の表示だけのオイルも多数存在します。

グレード 性能
SA 運転条件がゆるやかなエンジンに使用可で、添加物を含んでいないオイル(ベースオイル)
SB 最低レベルの添加物を配合したオイルで、かじり防止・酸化安定性の機能が改善されている。
SC 1964~67年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、デポジット防止性・摩耗防止性・サビ止め性腐食防止性が備わっている。
SD 1968~71年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SCより高い品質レベルを備えている。
SE 1972~79年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SDより高い品質レベルを備えている。
SF 1980年製以降の車に適応。酸化、高温デポジット(堆積物)、低温デポジット、サビ、腐食に対する優れた防止性能を発揮。
SG 1989年製以降の車に適応。SFの性能に加え、動弁系の耐摩耗性と酸化安定性が要求され、エンジン本体の長寿命化を果たす性能がある。
SH 1993年製以降の車に対応。SGの性能に加え、スラッジ防止性、高温洗浄性に優れる。
SJ 1996年製以降の車に適応。SHの性能を向上。さらに蒸発性、せん断安定性に優れる。
SL 2001年度制定。SJに比べ、省燃費性の向上(CO2の削減)・排出ガスの浄化(CO、HC、NOxの排出削減)・オイル劣化防止性能の向上(廃油の削減・自然保護)があげられる。
SM 2004年制定。SLに比べ、浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐摩耗性に優れている。
SN 2010年制定。環境性能おいてより高い基準が設けられた。

api_mark.jpg

SL/CF と書かれている場合、Cはディーゼル車でその後ろのアルファベットがグレード。つまりこの場合は、ガソリン/ディーゼル兼用オイルという意味になります。

外周下半分の円に「ENERGY CONSERVING」と書かれている場合は、訳すと「省エネ」とい言う意味で、低燃費を目指して低粘度/高潤滑になる成分が入っていますという意味になります。

バイクの場合はクラッチが滑るトラブルの原因になりますので、必ず下半円が空欄のものを選んでください。


ILSAC規格でのグレード表示


日米の自動車工業会で組織するILSAC(国際潤滑油標準化認証委員会)が実施するテストは、API規格のSJグレードに合格しているオイルだけが受けることが可能で、合格すればAPI(SJやSL)表示と一緒に、低燃費を実現したオイルとしてILSAC(GF-2やGF-3)表示することができるというものです。

低燃費オイルは一般的に、粘度を低くして機械が動く時の邪魔にならないようにした低粘度オイルでありなおかつ、金属同士が擦れ合うときに発生する摩擦抵抗を減らす高潤滑剤が配合されていることを意味します。

このイルザック規格はそのオイルが低燃費オイルと宣伝できるだけの性能があることを示す規格です。
燃焼室だけ考えれば、この考え方は非常に正しく良いことです。

しかし、低粘度/高潤滑のテストし合格したオイルといういうことは、バイクのクラッチが滑るオイルであるということの証明とも言えてしまう訳です。

高級四輪オイルをバイクに使うなと言う噂は、本当ということです。


ILSAC規格に合格しているオイルはバイクに入れないようにしましょう。

グレード 特徴
API ILSAC
SH GF-1 1993年型以降の車に対応。SGの性能に加え、スラッジ防止性、高温洗浄性に優れる。
SJ GF-2 1996年型以降の車に適応。SHの性能を向上。さらに蒸発性、せん断安定性に優れる。
SL GF-3 2001年度制定。SJに比べ、省燃費性の向上(CO2の削減)・排出ガスの浄化(CO、HC、NOxの排出削減)・オイル劣化防止性能の向上(廃油の削減・自然保護)があげられる。
SM GF-4 2004年制定。SLに比べ、浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐磨耗性に優れている。
SN GF-5 2010年制定。SMに比べて、省燃費性能の持続性のさらなる向上や触媒保護性能を強化。

ilsaclogo.gif

なお、滑る恐れのあるオイルを入れて実際にクラッチの滑りが発生してしまった場合は、滑り成分が1回のオイル交換では抜けきらず、分解清掃しないと元に戻らないことがあります。


JASO規格でのグレード表示


JASO(日本自動車技術会)規格は、二輪用4ストオイルの規格です。

API規格でグレードが高ければ素性は良いオイルには違いないのですが、最近ではエコカーやハイブリッド車向けにやたら低粘度/高潤滑で低燃費を目指すために、良く滑る添加剤が入ったオイルが販売されるようになりました。

良く滑ることで低燃費になることは良いのですがこれらの成分は、バイクで使われる湿式多版クラッチをも滑らせてしまい不具合の原因になることが分かっています。

できればオイルメーカーさんが自主的に「○○が添加されているのでバイクには使えません」と教えてくれればいいのですが、オイルメーカーにとって成分は秘伝のタレと同じで、企業秘密ですから教えてくれません。

そこで、JASOがバイクに使ってもクラッチが滑らないかどうか潤滑性能に関するテストを行って、合格したオイルにだけ表示が許されている規格です。

グレード 特徴
MA ミッション車(MT車)向けのエンジンオイルで、どのバイクにもOK。このオイルが原因でクラッチが滑る事はありません
MA1 MAで粘度を低めにしたものです。MA指定車両の中でも小-中排気量に適する
MA2 MAで粘度を高めにしたものです。MA指定車両の中でも大排気量に適する
MB MAよりも滑り成分多目で低燃費が狙える。主にAT車やスクーターに適するが、ミッション車にも使用可能


API規格で基本性能を確かめ、なおかつMA/MB表記があるならバイクにとっては良いオイルである。
というように活用します。

JASO規格MAマーク .JPG

API表示がなくて、単にMA/MBとしか書いていないオイルもありますが、SG級以上のオイルでなければそもそもJASOの試験に参加できないので、MA/MBの時点でSG級以上であるということになります。



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-08-23 10:32:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード