2stオイルのグレード

2ストオイルのグレード/等級

オイルのグレードは現在3種類存在します。
グレード 性能 価格 備考
FA 2stオイルとして使える 販売無し 古い規格なので廃止
FB FAより潤滑性能が高いオイル 安い 草刈り機用やホームセンターで安く手に入るオイル
FC FBより煙が出にくいオイル メーカーが推奨している一般的なオイル
FD FCより清浄性が高いオイル 高い ヤマハ純正オイルのオートルーブが有名

Fで始まる記号が2ストオイルを示し、Fより後ろの英語があとになるほどグレードが高いオイルです。

国産メーカーのホンダ、スズキ、カワサキの純正オイルはFC級です。

ワコーズやカストロールなどの有名オイルも安いヤツはだいたいFC級です。

余談ではありますが、ヤマハの純正オイルのオートルーブは、大昔からレーサーやエンジンに詳しいバイク屋さんの間では性能の良いオイルとして定評があり、値段が少しお高いけどもこれ使っとけば問題ないという話があちこちでよく聞かれました。
そして、2003年にオイル協会がグレード見直しを行ったところ、実際一つ上のFD級に分類されるオイルだったという逸話があります。



2ストオイルの特徴

2ストオイルは、オイルポンプで少量ずつガソリンと混ぜられて、オイル混合ガソリンとして
エンジンまでの経路を潤滑し、その後は燃焼室でガソリンと一緒に燃やされて排気ガスとなる、常に消費し続けるオイルです。

消費するのですから、当然補充が必要です。

一般的なオイルタンク形状であれば、メーターに内蔵されているオイル警告灯が加減速した時にちかちか点滅し始めてから50kmぐらい、もっと減ってきて完全に点灯しっぱなしになってから30kmぐらいは走れます。

もし、2スト'オイルが完全になくなると直ちにエンジンが焼きつき走行不能になり、修理が必要になるので、絶対に2ストオイルは切らさないようにして下さい。


なお、わざわざポンプ(エンジンの馬力の一部)を使ってガソリンとオイルを機械的に混ぜなくても、人間の手であらかじめ同じ比率でガソリンに混ぜてしまえば効果は同じなので、レース車両や草刈り機ではポンプが省略された(オイル)混合ガソリン限定のエンジンというものが存在します。手であらかじめ混ぜることが前提のエンジンは混合仕様と表現されることが多いです。



2ストバイクのミッションオイル

燃焼室とクランクの潤滑は2スト用エンジンオイルが行いますが、ミッションとクラッチは構造上分離しているため別のオイルが担当することになります。

ミッションとクラッチの構造は完全に4ストと同じですので、一般的には4ストオイルを入れておけば問題はありません。

4スト車に比べると、燃焼室の潤滑を担当しませんからそれほど高級なオイルは必要なく、劣化もかなり遅いのでエンジンオイルに比べれば神経質になる必要はありません。

ちなみに、ホンダ車は4ストオイルが指定、ヤマハはミッション専用オイルが指定になってます。







コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-12-14 00:09:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード