2stオイル


2ストオイルのグレード/等級


オイルのグレードは現在3種類存在します。
グレード 性能 価格 備考
FA 2stオイルとして使える 販売無し 古い規格なので廃止
FB FAより潤滑性能が高いオイル 安い 草刈り機用や妙に安いオイルが該当
FC FBより煙が出にくいオイル 普通のオイル
FD FCより清浄性が高いオイル 高い ヤマハ純正オイルのオートルーブが有名

単純に英語が後ろになるほど良いオイルです。

国産バイクメーカーのホンダ、スズキ、カワサキの純正オイルはFC級に分類されます。
ワコーズやカストロールなどの有名オイルもだいたいFC級です。

ヤマハの純正オイルのオートルーブは昔からレーサーやバイク屋さんの間では、性能の良いオイルとして噂されていましたが、2003年にグレード規格を見直しが行われたところ、この子だけFD規格でした。

特徴


2ストオイルはオイルポンプで送られ、ガソリンと混合された後でエンジンを潤滑し、燃やされて排出されます。このため、普通のオイルと比べてとてもガソリンに溶けやすく燃えやすいを持っています。

粘性は、メーカーによって硬かったり柔らかかったりすると、ガソリンの流れ方に影響が出て、ガス欠に似た症状を引き起こしエンジンの調子が変化してしまうことから、どのメーカーのオイルでも粘度はほぼ同じになっています。

また、わざわざポンプを使って混ぜなくても、あらかじめ最初からガソリンに混ぜてしまえば効果は同じなので、レース車両や草刈り機ではオイルポンプもオイルタンクも省略されていることがあります。


2ストオイルは循環するのではなく消費するものですので、適宜補充が必要になります。
これを怠ると、必ずエンジンが焼きつき走行不能になります。気をつけましょう。


2stオイルの今後


1999年に施行された排気ガス規制のせいで、それ以降は2stエンジンのバイクが作られなくなったため、2stバイクは数が減る一方の絶滅危惧種のなっています。
そのうちホームセンターで気軽に2stオイルが買えない時代が来るかもしれません。(実際に棚から消えたという報告もあります)

ただ、その後も純正部品としてメーカーが販売継続するでしょうから、慌てて買い占める必要はまだないと思います。



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-08-19 21:29:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード