合宿免許

合宿免許とは、大雑把に言うと「泊り込みの教習所」です。

時間も短くて済むし、費用もかなり安く設定されていますので、長く休みが取れる人にとっては魅力的な教習方法のひとつです。

合宿免許が安い理由は主に3つ


人件費と回転率と閑散期(繁忙期)に安い理由があります。

安い主な理由


合宿のメリット

安い料金と、少ない教習日数が最大のウリです。
入校と同時に卒業日がほぼ決定しているので、免許取得日もある程度計算できることも魅力の一つです。

宿泊施設と3食がセット料金に含まれているので、長期休暇に田舎旅行の気分が味わいつつ、免許も取得できるお得な方法と言えるかもしれません。

平日の日中はみっちり教習ですが、夜はかなり自由でカラオケやコンビニぐらいはまったく問題ありません。
また土日は教習がお休みのため、お出かけすることも可能です。

ホテルの個室を宿泊施設としているプランも有り、女性や神経質な人など、共同生活に不向きな人も合宿可能となってきていますので、時間がある人は検討されてみてはいかがでしょうか?

合宿のデメリット

なんと言っても連続した長期休暇が取れるかどうか。会社勤めの人や子供がいるご家庭では難しい選択肢になります。

また、短い期間ですが見知らぬ土地で、見知らぬ人々に囲まれながら教習を行い、見知らぬ人と寝る特殊な一人暮らしになりますので、入院などの経験があったり、精神的にタフな人でなければキツい場面があるかもしれません。

教習に関しても、短期間である弊害がでることがあります。
普通の教習所なら、時間を掛けて体(脳)が覚えたころに、次の教習と言う具合に自分である程度の調節が可能ですが、期間が限られている合宿では、その場で次々に新しいことを習得する能力が求められます。

教習についていけなかったため教習延長が必要な場合は、同時に宿泊も延長になってしまい追加料金が割高になります。
このため合宿所によっては60歳以上の方は予めお断りだったり、一番目立つところに書いてある料金は25歳未満限定だったりする場合がありますので、各自でよくご確認下さい。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-02-03 12:43:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード