ベースオイルの種類


オイルについて


市販されている全てのオイルは、オイルの元となるベースオイルに添加剤が入ったものが販売されています。

ベースオイルがオイルの基本的な性能を決め、添加剤がその味付けを決めるという役割で、ベースオイルの違い/味付けの違いがメーカーの違いとなっています。


ベースオイルの種類

ベースとされるオイルには大きく分けて3種類ありますが、一部は2種類を混ぜていいとこ取りを狙ったものもあります。
2種類混ぜられたものは、ブレンド配合とか部分合成油などと表現されたりもします。

種類 性能 備考 価格
植物油 長期利用:不向き
潤滑性能:高
現在はほとんど使われていない
レース車両の一部で利用
高い
鉱物油 中ぐらい 普通のエンジンオイル
メーカー指定純正オイルもこれ
安い(ことが多い)
化学合成油 とんがった性能 PAO系とエステル系が有名 高い
部分合成油 全域で高い 化学合成油のマイルド版 若干高い


ベースが植物油


なたね油、ひまし油などが有名でしたが現在では、植物油のエンジンオイルはほとんど使われていません。

使われなくなった理由は、酸化による劣化が現代のオイルと比べて激しいことや、放置すると油分が固着してしまい歯車等が回らなくなることがあるなど、良く分かっていな人が利用するとトラブルの原因となりやすいからです。

ただし、植物油は他のオイルに比べて金属にとてもなじみやすい性質があり、オイル性能は非常に優れているため、たった1回の走行に全てを掛けるドラッグレースや、使い切ることを前提としている2サイクルエンジンのレースなどでは、今でも需要があるため一部では販売されいます。

エコが叫ばれる現在では、植物油特有の時間経過に伴う劣化発生を抑える研究が進んでおり、将来原油価格がやばいことになったら出番がまたくるかもしれません。しかし、現時点では万人にはオススメできないオイルと言えます。


ベースが鉱物油


原油を蒸留/ろ過して出来たオイルのことを鉱物油と言います。

精製方法には何種類かあって、溶剤精製されたり水素化処理精製されたりすることで、よりベースオイルのグレードが上がります。

オイル蒸留区分.jpg

純正オイルを筆頭にバイクのエンジンオイルはおおむね鉱物油で、素のベースオイルはAPI規格の SA級 10W-30に該当します。

この素のベースオイルに、滑りよくする成分や酸化防止剤を添加することでオイルのグレードが上がり、寒さに強くなる成分を入れれば、0W-30へと低温度対応のオイルに変化していくのです。

ということは、グレードSG/SH/SJともなれば相当な量の添加剤が入っていることが予想されますね。


ベースが化学合成油


鉱物油からオイルとして有用な成分を抽出し、エンジンオイルに必要な材料だけで使り直したオイルが化学合成油です。

鉱物油の状態では取り除ききれなかった不純物が完全に取り除ける上に、鉱物油に添加剤をどんなに入れても作り出せなかった高性能なオイルを実現できるのがメリットですが、それだけ値段が高くなります。


また、化学合成油のPAO系はガスケットを硬く劣化させる性質、エステル系はガスケットをふやかす性質があり、鉱物油の使用が前提の古いエンジンに使うと、不調やオイル漏れの原因になることがあります。


ベースオイルのAPI規格によるグループ分類

API規格(アメリカ石油協会)によるベースオイルのグループ分けです。

気になる人は下表を参考にしてください。

分類 種類 内容 備考
グループⅠ 鉱物油 溶剤精製された原油 一番簡単なオイル 不純物も多い
グループⅡ 鉱物油 水素化処理精製された原油 Ⅰより手間の掛かったオイル
グループⅢ 鉱物油 高度水素化分解異性化精製された原油 原油を分解/再構成なので鉱物油でもあり化学合成油でもある。化学合成油と表示されることが多い
グループⅣ 化学合成油 PAO系
ポリαオレフィン
高性能だがガスケットが硬くなり傷める恐れがある
グループⅤ 化学合成油 エステル系などグループⅠ~Ⅳ以外全部 鉱物/化学合成/植物の全てが含まれる。
エステル系は高性能だがガスケットをふやかして傷める恐れがある



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-01-20 19:12:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード