バイク乗車時の服装

教習所・運転免許センターでのバイク乗車時の服装


バイクに転倒は付き物です。

白バイ隊員も教官もプロレーサーも、みんな上手くなる為に大なり小なり転倒を繰り返しながら腕を磨いてきました。
公道で転倒するのは恥ずかしいですが、練習場で転ぶ事は恥でもなんでもありません。
特に教習所は、まだ乗れない人ばかりが集まる場所ですので、転んで当たり前です。

しかし、立ちゴケやスピードの出ていない転倒であっても、地面はアスファルトですから素肌のままだといちいち血だらけになってしまい、その後の教習や試験だけでなく、怪我が治るまで普段の生活にも影響が出てしまいます。

また、バイクについているマフラーは非常に高温になるため、転倒時にのしかかられてしまうと熱かったでは済みません。

そこで安全への配慮から、どこの教習所/免許センターでもヘルメットのほかに、肌を露出しない最低限の装備として長袖と長ズボン手袋動きやすい靴、くるぶしが隠せるくつ下を着けていないと、バイクに乗らせてもらえません(学科はOK)。

また膝/肘の保護パッド(スケボー等のプロテクター)と、球技スポーツでよく見られるゼッケンを貸し出し身につけるよう指定されている事があります。

教習所での服装
参考画像:飯能自動車学校
飯能自動車学校での服装.jpg

服装 超節約(最低限) 普通(一般的) 本気(免許取得後を見据えて)
ヘルメット ホームセンターで売っているようなヘルメット
(半キャップ不可)
有名メーカーのジェットヘルメット 一流メーカーのフルフェイス
長袖 長袖のTシャツ ウインドブレーカーとか ライダージャケット
長ズボン ジャージ ジーンズ 保護パッド入りパンツ
手袋 ゴム付き軍手 防寒用グローブ プロテクター付きグローブ
スニーカー 踵と土踏まずに段差のある(かかとのある)運動靴 ライディングブーツ
くつ下 くるぶしが見えるショートタイプでなければOK ブーツなら特に必要なし

  • 運転免許センターで乗車する場合も同様の服装が求められます。実技試験時に整っていないと受験拒否されます。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

ヘルメット

ヘルメットをレンタルしてくれる所もあるみたいですが、基本的には貸し出しは行っていない所が多いようです。

また、半キャップの着用は認められていません。

いずれにせよ免許取得後には必ず必要ですから、ヘルメットは買ってしまって損はありませんので、コレを機に一つ買ってしまうことをお勧めします。

fullface.jpg jet.jpg halfcap.jpg
そしてもし、購入するならば必ず試着をして下さい。

ワンサイズ大きいと左右確認をしただけでズレてしまうし、逆に小さいと締め付けられて多少痛みが出ます。
この小さな不快感は短時間ならどうということはないのですが、長時間被り続けるとなると大きなストレスになります。
頭に合った物を被るようにしましょう。

なお、試着する時は店員さんに一言断ってから被るようにしましょう。展示してあるヘルメットも売り物なので雑に扱うのはご法度。整髪料/お化粧をしていると判断された場合ヘルメットが汚れるため試着を断られることがあります。



上着・上半身

やけどや擦り傷から体を守るため、肌が露出する服では乗せて貰えません。

ウインドブレーカーやジャージの上着があれば良いでしょう。

×
ウインドブレーカー.jpg tshirt-womens-blue-front.jpg

走行風によるバタつきを防止するため、ヒラつく装飾が多いものは注意されると思いますが、パーカー等のフードぐらいなら特にお咎めはありません。

転ぶことを考えて、安物で十分だと思います。

走行中は風が当たって、夏は涼しく停止しない限り上着の有無は特に気にならないと思います(直射日光が当たり続けるよりは体が楽)。冬は袖口や襟元から冷気が入り易いので、夜の気温に耐えられる防寒装備で乗ることをお勧めします。

ズボン・下半身

上半身同様、やけどや擦り傷から体を守るため長ズボンは必須で、短パンはダメです。
転ぶことを考えて、アスファルトでの転倒に向いていないジャージはやめたほうが良いでしょう。

×
LadiesJeans.jpg half_pants.jpg
ジーンズなら丈夫さと動き易さを兼ね備えていますので、何を履くか迷ったらジーパンがお勧めです。


なお、ズボンの裾を折り返していると、足を地面から持ち上げたときにステップに折り返しが引っかかり、裾が破れることがあるので足が短くてもズボンが長くても、なるべく裾は折り返さないようにしましょう。


手袋・グローブ

どうしてもお金がなければゴム付き軍手でも可です。指が露出してしまうオシャレなハーフグローブ/指きりタイプは不可。

とりあえずは、スキー/スノボー用やホームセンターで売っているような安い耐寒用グローブなどで十分です。転倒したら真っ先に壊れる装備ですし。

Motorbike-Gloves.jpg スキー用手袋2.jpg 蛍光軍手.jpg

なお、スキー/スノボー用等の場合は、雪を触った時に手のひらが濡れないよう布状のプラスチック素材が縫い付けられている物がありますが、滑ってバイク操作の邪魔になることが多いのでそういった余計なものが付いていない簡素なグローブがお勧めです。



靴・シューズ

サンダル・ハイヒール・クロックス・厚底靴など、運動に向いていないものは禁止。(安全運転義務違反の恐れあり)

運動靴で問題ありませんが、靴底が平らだと力を掛けたときにステップから足が滑って、望まぬ片足運転になることが多々あるので、なるべくカカトがある靴にしましょう。

エンジニアブーツ2.jpg adidas.jpg NewBalance574.jpg
ブーツに分類される靴 土踏まずにくぼみのあるランニングシューズ 靴底が平らなスニーカー
ヒモは、無闇に長いとペダルに絡まり危険ですが、普通の靴紐の長さなら問題ないでしょう。
紐が長すぎて気になる/指摘された場合はヒモの先端部分を、靴に通してあるヒモの下にしまいこんでおけば、ペダル類に引っかかる恐れはなくなります。

一部の教習所ではブーツのレンタルもやっているようです。


くつ下

転倒時に滑走してくるぶしがアスファルトで削られる可能性や、0km/h転倒でもズボンがめくれて肌が露出した所にアツアツに熱せられたのマフラーがのしかかって来る可能性がソコソコあるので、くるぶし/足首の肌の露出は不可です。

足首ごと隠れてしまう長めのブーツを着用するならくつ下は何でもかまいませんが、靴の長さが普通の場合には足首が露出しないくつ下がセットで必要です。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-02-10 21:38:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード