オイルの種類

オイルに求められる性能


ベースオイルの種類でも述べましたが、オイルはベースオイルという素の状態では販売されておらず、各メーカーが添加剤を配合したものが販売されています。

エンジンオイルに求められる性能は大きく分けて6種類あり、それぞれの性能をアップさせるために違う添加剤がちょっとずつ入ってます。

性能 主な役割 備考
潤滑 金属の間に入って擦り合わせから金属を守る やり過ぎるとクラッチも滑ることがある
冷却 血液のように循環して温度を分散させる 熱ダレとか
密閉 シリンダ-ピストン間などの隙間を埋める エンジン精度により適度な密閉作用が必要
洗浄 スラッジなどの汚れを落とす オイルが黒くなる主な理由
防錆 表面にまとわり付いて錆びを防ぐ 金属になじむ・皮膜状態を保つ力
消泡 オイルが泡立ってしまい潤滑不足を防ぐ能力  

各メーカーが独自に入れる添加剤の種類/量に関しては、いわば老舗の秘伝のタレの材料にあたり、一般公開される可能性ありません。

オイルに最初から入っている添加剤


主要な添加剤の一覧です。

添加剤 作用 備考
粘度向上剤 温度上昇に伴い粘度が下がってシャバシャバになるのをを防ぐ 詳しくはマルチグレード参照
流動点降下剤 暖気前のオイルの粘度の確保 詳しくはマルチグレード参照
洗浄分散剤 燃焼に伴い発生する汚れを除去 汚れをそぎ落としたり、再び付かないようにはじく能力
消泡剤 攪拌されても泡になりにくくする 泡ばっかりになるとポンプで送れず、オーバーヒートしてしまう
酸化防止剤 酸化物質を中和させる錆び防止剤 皮膜形成型や中和型がある
腐食防止剤 汚れた油は錆びの原因なので、それを中和する作用 オイルが酸性化するのを防止
潤滑性向上剤 潤滑性能を上昇させる 強すぎるとバイクの場合は、クラッチが滑る事がある
極圧剤 強摩擦でオイル皮膜が破れた時に作用する金属同士の融着防止剤 二硫化モリブデンが有名

ざっと上げただけでもこれだけの添加剤のどれかが、オイルには最初から入っています。

同じ作用の添加剤成分は一種類だけとは限らず、同じ作用をする別の物質も数多く存在します。

もちろん、成分によっては副作用があるものがあったり、他の添加剤と相性が悪いなんてこともあります。
逆に入れれば良くなると分かっていても、値段が高いために省かれているというパターンもあるでしょう。

しかし、使う側の視点で見れば「どのオイルが性能が良いオイルか分からない」ということになってしまいますので、グレードという階級に性能ごとに区分して、ある程度性能が把握できるようになっています。



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-08-19 21:22:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード